東京都の人気イルミネーションランキング

アクセスの多いイルミネーションをエリア別にランキング!

エリアを絞り込む
ほかのランキングから探す
人気イルミネーションランキング 行ってみたいイルミネーションランキング
行ってよかったイルミネーションランキング

迷ったらココ!注目イルミネーション10選【東京都】

東京都のイルミネーションの中で、アクセス数の多かった10スポットをまとめてご紹介。都心の真ん中で開催される駅近イルミネーションから、遊園地のイルミネーションなど多種多様。恋人や家族、友達を誘って冬のイベントを堪能しよう。(集計期間:2018年10月22日~2019年2月28日)

東京ミッドタウン

東京ミッドタウン

駅から近く、東京都の都心の真ん中で、ダイナミックで幻想的な光の演出が楽しめる恒例のイルミネーション。青のLED電球をベースに、宇宙空間をイメージしたメインイルミネーション「スターライトガーデン」が今年も登場。今年はクリスマスを先取りし、11月13日(火)から12月16日(日)までの期間限定で、バルーンやシャボン玉による演出も実施。“星の誕生、輝き、爆発”というテーマでシャボン玉イルミネーションが堪能できる。また、屋内イベントとしてガレリア1F ツリーシャワーでは、約1800体のサンタクロースで装飾された「サンタツリー」が楽しめる。

大井競馬場

大井競馬場

大井競馬場で繰り広げる壮大なイルミネーション。今年はフルカラーレーザーと樹木型イルミで演出する「オーロラの森」や、ダイナミックな展開が楽しめる、水と光のエンターテイメント「虹色に輝く光の大噴水」など、新たなイルミも登場。大井競馬場の夜を象徴する“TWINKLE”をテーマにした「トゥインクル・メガツリーエリア」と、江戸から昭和までの時代を表現した「タイムトラベルエリア」のふたつのエリアで幻想的空間を演出する。さらに、大井競馬場オリジナルのクラフトビールや手軽に楽しめるフードも充実。イルミネーションとあわせて楽しみたい。

よみうりランド

よみうりランド

650万球のLEDを使用し、世界的照明デザイナーの石井幹子がプロデュースする宝石色をイメージしたイルミネーション。イルミネーションを始めて10周年を迎えた2019年は、ギリシャ神話の世界が題材。「ジュエリー・オリンポス」をテーマに、過去最多の650万球を用い、幻想的な12の新エリアが登場する。毎年大好評の噴水ショーも過去最大に拡大し、レーザーと炎の演出を追加。幅60m、高さ15m、噴水242本を使った日本屈指の噴水ショーは見逃せない。夜空を疾走するジェットコースター「スターライトバンデット」など、夜限定のアトラクションや光の山から滑り降りるソリ遊び、さらにイルミネーションに囲まれながら滑走するアイススケートといったさまざまなアクティビティも併せて楽しめる。

カレッタ汐留

カレッタ汐留

毎年50万人が訪れるカレッタイルミネーション。2019年は、ディズニー映画『アラジン』の世界観をイメージしたイルミネーションを展開。アラビアンカラーに彩られた光の中にあの“魔法のランプ”が登場するなど、幻想的なムードを盛り上げる。15分ごとに上演する「ホール・ニュー・ワールド」などの人気楽曲と煌めく光のイルミネーションショーは必見だ。11月13日(水)にカレッタプラザで開催のイルミネーション点灯式では、木下晴香さんによるライブも行われるため見逃せない。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

六本木の街に冬の訪れを告げる白と青のきらめく光が灯るイルミネーション。輝き続ける“SNOW&BLUE”が放つ都会的で洗練されたきらめきが、六本木けやき坂通りを訪れる人々を出迎える。その瞬間にしか出会えない、六本木ヒルズならではの感動を味わえる。期間中はフォトスポットなども登場する予定で、パートナーや恋人とのムードを一層盛り上げてくれる。

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス

2019年で20回目を迎える恵比寿ガーデンプレイスの恒例イルミネーションイベント。ライト総数250灯、高さ約5m、幅約3mの世界最大級バカラシャンデリアと共に、期間限定のシャンパンバー「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」が登場。フランスのインテリアデザイナー、ジャック・グランジュがデザインしたクリスタルタイルのバーカウンターで、シャンデリアの輝きを間近に、バカラのグラスでシャンパンを堪能できる。また、会場にはシャンデリアの様々な表情が撮影できるフォトスポットも設置。画像をInstagramに投稿すると抽選でバカラのシャンパンフルート(ペア)やホテル宿泊券がプレゼントされるキャンペーンも実施する。

青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

2014年に目黒川で初開催され、2016年に渋谷へ場所を変えて復活した「青の洞窟」を今年も開催。渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木までの約800mを、総数約60万球の青色のLEDイルミネーションが幻想的に彩る。並木道を奥から順に波打つ演出や、ランダムに光る演出などのロマンチックな光を楽しめる。

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーション

18年目を迎える東京・丸の内エリアの街を彩る冬の風物詩。220本を超える街路樹が、上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られる様子は、パートナーと観賞するのにピッタリ。2016年度に「日本夜景遺産」として認定される要因となった「NEWエコイルミネーション」を68万球採用し、通りを明るく照らす。大手町仲通りでもイルミネーションを開催予定のほか、丸の内エリアでもクリスマスオブジェの点灯式やクリスマス装飾、関連イベントなどを実施。

表参道原宿

表参道原宿

冬の表参道からワクワクを届けたいという思いのもと、2019年もイルミネーションを開催。表参道のシンボルであるケヤキ約150本がシャンパンゴールドの優しい光で彩られる。また、植栽帯の低木にもイルミネーションを点灯し、幻想的な光の空間を作り上げる。17:00、18:00、19:00、20:00、21:00に10分間ほど表参道全域の灯りが揺らぎ、街はロマンチックなクリスマスムードに染められる。

丸ビル、新丸ビル、二重橋スクエア、他

丸ビル、新丸ビル、二重橋スクエア、他

2019年は「スター・ウォーズ」をテーマに展開する丸の内エリアのクリスマスキャンペーン。メイン会場となる丸ビル1階マルキューブでは、銀河の世界観よりインスパイアされたクリスマスオブジェが登場。昼と夜の時間の違いでさまざまな表情を見せてくれるほか、LIGHT SIDEとDARK SIDEの心の葛藤を光の演出で表現。その他、丸の内エリアの各拠点では、スターウォーズグッズを取り扱ったポップアップショップやコラボカフェなどを展開する。

おすすめ情報