「よみうりランド」イルミネーションの楽しみ方完全ガイド!毎年人気のジュエルミネーションの見どころや限定フード情報も

東京都

毎年人気のジュエルミネーションの見どころを紹介
毎年人気のジュエルミネーションの見どころを紹介

よみうりランドのイルミネーションイベント「ジュエルミネーション」の見どころから、オススメの回り方やグルメ・お土産まで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

よみうりランドってどんなところ?緑あふれる屋外型レジャー施設

約37万平方メートルの広大な敷地にあるよみうりランド。ダイナミックなアップダウンが特徴の、最高時速110キロで走るローラーコースター「バンデット」をはじめ、40種類以上のアトラクションが楽しめる。※各種アトラクションの利用やイベント参加には、入場料と別途、料金が必要な場合あり。

【写真】希望のグランオブジェなど写真10枚以上!広報担当者に聞いた見どころや攻略法もチェック
【写真】希望のグランオブジェなど写真10枚以上!広報担当者に聞いた見どころや攻略法もチェック

そんなよみうりランドの冬の恒例イベントといえば「ジュエルミネーション」だ。2021年10月21日~2022年4月3日(日)の特定日に開催される今季の「ジュエルミネーション」はいったいどんな内容になっているのか、よみうりランドの広報担当者に話を聞いてみた。

【見どころ】今年は650万球の宝石色イルミネーションが楽しめる

2010年にスタートした「よみうりランド ジュエルミネーション」は、ここでしか見ることができない宝石色のイルミネーションと東京の大夜景が一度に楽しめると人気を集めている。

クロッシング・ダイヤモンド・パサージュ
クロッシング・ダイヤモンド・パサージュ

今年も、世界で活躍する照明デザイナー・石井幹子(いしいもとこ)氏がプロデュース。「希望の輝き!」をテーマに、美しいものを見る幸福感や、生きていることの充実感を感じ取れる演出を楽しめるとのこと。また、今シーズンはイルミネーションの電力に、自然エネルギーによって発電された環境への負荷が少ないエネルギー「グリーン電力」を使用しているのだそう。

【楽しみ方】家族と、友達と、恋人と…シチュエーション別の楽しみ方を紹介

期間中は夜空を疾走するジェットコースター「スターライトバンデット」など、遊園地ならではの乗り物が充実。家族と、友達と、恋人と、シチュエーション別での楽しみ方を教えてもらった。

メリーゴーランドドッグ
メリーゴーランドドッグ

まず小さな子供を連れていきたい場合について、担当者は「アトラクションが充実しているよみうりランドでは、お子様の成長段階に合わせてさまざまなアトラクションが楽しめます。小さなお子様は『メリーゴーランドドッグ』や『わんぱく鉄道オリヴァー』でキラキラしたイルミネーションを眺めながら楽しむのがおすすめです」とのこと。

わんわんコースターわんデット
わんわんコースターわんデット

さらに「身長90センチ以上ならば『わんわんコースターわんデット』で、まるでイルミネーションの中に飛び込むような体験ができます。また、マスコットキャラクターの“グッド&ラッキー”と一緒に踊ることができる『きら☆ダン』もおすすめです。『きら☆ダン』は2022年2月13日(日)まで、太陽の広場で17:00から開催しています」と教えてくれた。

バンデットと大観覧車
バンデットと大観覧車

アトラクションが40機種以上もあるため、乗り放題のパスを購入し、友達同士で心ゆくまでアトラクションを楽しむのもおすすめ。「大人気のジェットコースター『バンデット』は、夜になると流星をイメージした『スターライトバンデット』に様変わり。スタート地点での炎の演出にもテンションが上がります。また、360度回転する宇宙船型のアトラクション『ルーピングスターシップ』では、“逆さイルミ”も楽しめますよ」(広報担当)

ルーピングスターシップ
ルーピングスターシップ

「11月にオープンした『SPACE factory』内の2機種もおすすめです。『ファイト イッパーツ!』は、日本初の座席が水平回転するホッピングタワーなので、どの席からでも園内の景色が楽しめます。運が良ければ噴水ショーが見られるかも?リポビタンDの製造工場から月までの宇宙旅行を体感できる『リポビタンロケット☆ルナ』という吊り下げ型コースターで、一瞬だけ建物の外に出る瞬間のイルミネーションも見逃せません」(広報担当)

さらに、宝石色のイルミネーションに囲まれた園内は、どこにいてもロマンチックな雰囲気だとデートにも人気。

大観覧車からの全景
大観覧車からの全景

デートで訪れた際のおすすめの回り方については「まずは『ゴーカート ファミリーコース』で2人きりのドライブを楽しむのがおすすめです。また、幅60メートル、高さ15メートル、噴水192本と大迫力の噴水ショーは必見。今年は、南国をイメージした新演出を加えた3種類のショーが楽しめます。最後はやはり定番の『大観覧車』。高さ約61メートルから見下ろすイルミネーションと夜景は、2人の距離をグッと縮めてくれること間違いなしです。帰り道、京王よみうりランド駅まで向かうゴンドラ『スカイシャトル』も、忘れずにお楽しみください」と教えてくれた。

さらに全利用者に向けて次のように語った。「園内は全ての場所がSNS映えします!友達や家族と、とっておきの写真を撮影してみてください」(広報担当)

【回り方】ワンデーパスで昼と夜それぞれの楽しみ方を満喫して

よみうりランドの「ジュエルミネーション」は、ワンデーパスで楽しむことができる。昼は40機種を超えるアトラクションで目一杯遊び、「ジュエルミネーション」が点灯する16:00からは650万球の宝石色のイルミネーションによる東京の大夜景を楽しむのがおすすめだ。

ビューティフル・スプリング・プロムナード
ビューティフル・スプリング・プロムナード


また、夜から行きたい人は、15:00からのアフターパスを使おう。例えば、「スターライトバンデット」は1回1000円なのに対し、アフターパスの料金は大人2900円。入園料は大人1800円なので、2回のアトラクション体験で元が取れる計算になっている。普段は思う存分乗ることのできないアトラクションを心ゆくまで楽しめる。

広報担当者によると「夜限定でライトアップされるアトラクションの、昼と夜の違いを体感するのも遊園地ならではの楽しみ方です。日本屈指の迫力がある3種の噴水ショーもぜひ制覇してみてください」とコメント。

【攻略法】狙い目は雨の日!温かい服装で楽しもう

広報担当者によると「『ジュエルミネーション』におすすめの日は、ずばり雨の日です!地面がキラキラと光り、輝きが倍増するため、より幻想的な世界をお楽しみいただけます」と通な楽しみ方を教えてくれた。

また、注意すべきことについて「多摩丘陵の冬は都心に比べて気温が低くなることも。防寒対策はしっかりとしてください。また、園内は坂道も多いので、歩きやすい靴・動きやすい服装がおすすめです。アフターパス販売開始の15:00、イルミネーションが点灯する16:00のタイミングは入園口が混み合うので、少し時間を外すのがおすすめです」とも教えてくれた。

さらに日によっては、閉園時間が異なるので、事前に営業時間を確認するのを忘れずに。

【グルメ】ジュエルミネーションならではのグルメを紹介

「ジュエルミネーション」期間中は、期間限定フードもラインナップ。

寒い季節にぴったりな「クリームスープパスタ」
寒い季節にぴったりな「クリームスープパスタ」

レストラン「Goodday」で楽しめる「オマール海老のだし香るクリームスープパスタ~北海道十勝産パルメザンチーズを添えて~」(980円)は、オマール海老の風味と北海道十勝産のパルメザンチーズがポイントの一品。温かいクリームパスタと一緒に味わおう。

「チーズフォンデュバーガー」
「チーズフォンデュバーガー」

オリジナルバーガーにチーズがかかった「らんらんチーズフォンデュバーガー」(1050円)は「Cafe LanLan」にて楽しめる。歯ごたえ抜群なハンバーグと、とろとろなチーズが絶妙にマッチ。

フォトジェニックな「ベル・イヴェール」
フォトジェニックな「ベル・イヴェール」

フランス語で美しい冬という意味の「ベル・イヴェール」(700円)は、ホイップクリーム、バニラアイス、チーズケーキやブルーベリージャム、カラースプレーで美しい冬を演出している。見た目もかわいい一品は、「マリオンクレープ」にて購入可能だ。

【ショッピング】お土産にも喜ばれる限定グッズが登場

「ジュエルミネーション」の期間限定で登場するグッズにも注目したい。

「スティックフィナンシェ」
「スティックフィナンシェ」

Gjショップで購入できる「スティックフィナンシェ(6個入り)」(650円)は、ほんのりチーズの風味が香るスティックタイプのしっとりフィナンシェ。 今期のジュエルミネーションデザインを使ったスペシャルパッケージだ。

「マスクケース」
「マスクケース」

また、日常的にマスクを使うこのご時世にぴったりの「マスクケース」(450円)も登場。内側には抗菌加工が施されているアイテムは、Gjショップ、Shop Gets、YOMIURI本舗で購入できる。

【開催期間・点灯時間】開催期間は約142日間

ジュエルミネーションの開催期間は、2021年10月21日から2022年4月3日(日)。ただし、2022年3月1日(火)から3月18日(金)の平日は日中の遊園地営業のみなので、おでかけを計画する際には気をつけて。

点灯時間は、2021年10月21日から12月10日(金)・12月27日(月)から2022年4月3日(日)は16:00~20:30、2021年12月11日(土)から12月26日(日)は16:00~21:00。ただし、休園日・営業時間は変更する可能性もあるため、最新の情報は公式サイトをチェックしよう。

【混雑状況】クリスマス期間は混雑が予想

人気スポットだからこそ、気になるのは混雑状況だ。担当者によると「12月の土日祝日、およびクリスマス前後は混雑が予想されます。ジュエルミネーションは4月3日(日)まで開催しているので、1月以降もおすすめです」と教えてくれた。

【有料】ワンデーパスポートやアフターパスでお得に楽しんで

入園料は、大人(18〜64歳)1800円、中高生1500円、小学生・シニア(65歳以上)1000円、未就学児(3歳以上~小学生未満)1000円。入園口付近のチケット売り場で購入できる。

1日中アトラクションを満喫したいという人には、「入園+のりもの乗り放題」がセットになった「ワンデーパス」がおすすめだ。一部対象外のアトラクションはあるものの、大人(18〜64歳)5800円、中高生4600円、小学生・シニア(65歳以上)4000円、未就学児(3歳以上~小学生未満)2400円で楽しめる。

さらに、ジュエルミネーション開催日のみ発売される、15:00以降の「入園+のりもの乗り放題」がセットになった「アフターパス」は、大人(18〜64歳)2900円、中高生2000円、小学生・シニア(65歳以上)2000円、未就学児(3歳以上~小学生未満)1300円で購入可能。

※入園時間の分散を図るため、本年は16:00から販売していたナイトパスおよびナイト入園チケットの販売は行わず、15:00から使用できるアフターパスを販売。

【アクセス】便利で楽しいゴンドラも!電車で行くなら京王線か小田急線

最寄り駅は、京王線京王よみうりランド駅、または小田急線読売ランド前駅のいずれか。それぞれ新宿駅から電車で25分、東京駅から45分程度で到着する。

京王線を利用する場合の行き方は2つ。1つ目は京王線「京王よみうりランド駅」と、遊園地を結ぶゴンドラ「スカイシャトル」を利用していく方法だ。春には桜を、冬にはイルミネーションを上空から見下ろすことができるため、遊園地に入る前から遊園地気分を高められる。料金は片道300円、往復500円。年齢制限はないが、12歳未満だけでの乗車はできない。

2つ目は「京王よみうりランド駅」からバスで向かう方法だ。バスで向かう場合は、「京王よみうりランド駅」の改札を出たら左へ。正面に見える階段を登り、その後、右に曲がると横断歩道を渡った先にバス停がある。読01系統「<読売ランド前駅経由> 寺尾台団地ゆき」行きバスに乗って「よみうりランド」で降りれば、入園口の目の前に到着。運賃は大人210円、子供110円。

小田急線を利用する場合は、読売ランド前駅で下車後、南口改札を出て左へ。その後、歩道橋を渡り、Uターンして歩道橋下を通った先にある横断歩道を渡って、交番前を左に進むとバス停がある。読01系統「京王よみうりランド駅」行きバスに乗って「よみうりランド」で降りれば、入園口は目の前だ。運賃は大人210円、子供110円。

また、2000台が停められる駐車場もある。普通車の場合は1日平日1500円、土日祝・特定日2000円、マイクロバス以上の場合は1日3000円で利用可能(マイクロバス以上の場合は要予約)。ただし、土日・祝日は駐車場が非常に混雑し、遠方の臨時駐車場を利用することになる可能性も高いため、周辺の道路状況に左右されない公共交通機関を利用するのが安心だ。

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

よみうりランドの新型コロナウイルス感染拡大防止対策については、 公式サイト をご確認ください。

取材・文=於ありさ


<施設情報>
・住所:東京都稲城市矢野口4015-1
・アクセス:【電車】京王電鉄京王よみうりランド駅からゴンドラ「スカイシャトル」またはバスでよみうりランド下車すぐ 。小田急電鉄読売ランド前駅からバスでよみうりランド下車すぐ
【車】中央自動車道稲城ICから約10分または調布ICから約15分
・営業時間:9:00~20:30(季節によって変動あり。公式サイトで要確認)
・定休日:不定休(公式サイトで要確認)
・駐車場:2000台 普通車平日1500円、土日祝・特定日2000円、マイクロバス2500円(要予約)、二輪車無料(専用駐輪場あり)
・料金:入園料 大人1800円、中高生1500円、小学生・シニア(65歳以上)1000円、未就学児(3歳以上~小学生未満)1000円。
ワンデーパス(入園+のりもの乗り放題。対象外アトラクションあり) 大人5800円、中高生4600円、小学生・シニア(65歳以上)4000円、未就学児(3歳以上~小学生未満)2400円
※アフターパスは公式サイトにて要確認

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2021年11月時点の情報です。

詳細情報

●よみうりランド ジュエルミネーション:
https://www.yomiuriland.com/jewellumination/
情報は2021年12月8日 13:45時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイルミネーションのページはありません。