2019年2月5日に開催されている東京都のイルミネーション

エリアを絞り込む
東京都のイルミネーション「イルミネーション」37件ヒットしました
全 37 件中  21 〜 30 件

人気イルミネーションランキングTOP10【東京都】

2018年のアクセス数を元に東京都の人気イルミネーションをランキング形式でご紹介。都心の真ん中で開催される駅近イルミネーションから、遊園地のイルミネーションなど多種多様。恋人や家族、友達を誘って冬のイベントを堪能しよう。(集計期間:2018年10月22日~2019年2月28日)

【1位】東京ミッドタウン

東京ミッドタウン

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】駅から近く、東京都の都心の真ん中で、ダイナミックで幻想的な光の演出が楽しめる恒例のイルミネーション。青のLED電球をベースに、宇宙空間をイメージしたメインイルミネーション「スターライトガーデン」が今年も登場。今年はクリスマスを先取りし、11月13日(火)から12月16日(日)までの期間限定で、バルーンやシャボン玉による演出も実施。“星の誕生、輝き、爆発”というテーマでシャボン玉イルミネーションが堪能できる。また、屋内イベントとしてガレリア1F ツリーシャワーでは、約1800体のサンタクロースで装飾された「サンタツリー」が楽しめる。

【2位】大井競馬場

大井競馬場

大井競馬場で繰り広げる壮大なイルミネーション。今年はフルカラーレーザーと樹木型イルミで演出する「オーロラの森」や、ダイナミックな展開が楽しめる、水と光のエンターテイメント「虹色に輝く光の大噴水」など、新たなイルミも登場。大井競馬場の夜を象徴する“TWINKLE”をテーマにした「トゥインクル・メガツリーエリア」と、江戸から昭和までの時代を表現した「タイムトラベルエリア」のふたつのエリアで幻想的空間を演出する。さらに、大井競馬場オリジナルのクラフトビールや手軽に楽しめるフードも充実。イルミネーションとあわせて楽しみたい。

【3位】よみうりランド

よみうりランド

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】600万球のLEDを使用し、世界的照明デザイナーの石井幹子がプロデュースする宝石色をイメージしたイルミネーション。2018-2019シーズンは2010年の開催以来初めて全エリアをリニューアルし、様々な緑が織り成す田園風景をモチーフにしたジェード・ガーデンエリアや、フランスの街並みを春色のピンクで演出したピンクサファイヤ・タウンエリアなど8つのエリアが新登場。また、毎年好評の噴水ショーは規模を拡大し、幅60m、高さ15m、噴水216本を使用した日本屈指の噴水ショーを繰り広げる。さらに、3月21日(木・祝)から2019年4月7日(日)はイルミネーションが“夜桜スペシャルバージョン”に進化。全長180mの桜並木は桜の様に薄いピンクをベースにしたカラーライトアップ演出を追加する。その他、大観覧車をはじめ、園内各所で桜色をメインにしたライトアップも行う。カップルはもちろん、春休み中の学生にもピッタリのイベントとなっている。

【4位】カレッタ汐留

カレッタ汐留

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』の世界観をイメージしたイルミネーションを開催。2種類のイルミネーションは1週間ごとに交互に入れ替わり、劇中に登場する楽曲と共に、光が織りなすスペシャルイルミネーションショーを楽しめる。また開催期間中、イルミネーションプログラムを追加し新たなディズニー作品の世界観を楽しめる他、物語に関連したフォトスポットなどディズニーMovieNEXの世界観を楽しめる企画を多数開催する。

【5位】六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】六本木の街に冬の訪れを告げる白と青のきらめく光が灯るイルミネーション。白色と青色のLEDによる“SNOW&BLUE”の装飾が施され、辺り一帯が幻想的な雰囲気に包まれる。約400mのけやき坂イルミネーションの点灯を皮切りに六本木ヒルズ内の66プラザやウェストウォークでも個性豊かなイルミネーションを展開する。

【6位】恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】今回で19回目を迎える恵比寿ガーデンプレイスの恒例イルミネーションイベント。ライト総数250灯、高さ約5m、幅約3mの世界最大級バカラシャンデリアと共に、今年は世界初となる期間限定のシャンパンバー「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」が登場。フランスのインテリアデザイナー、ジャック・グランジュがデザインしたクリスタルタイルのバーカウンターで、シャンデリアの輝きを間近に、バカラのグラスでシャンパンを堪能できる。また、会場にはシャンデリアの様々な表情が撮影できるフォトスポットも設置。画像をInstagramに投稿すると抽選でバカラのシャンパンフルート(ペア)がプレゼントされるキャンペーンも実施する。

【7位】青の洞窟 SHIBUYA

青の洞窟 SHIBUYA

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】2014年に目黒川で初開催され、2016年に渋谷へ場所を変えて復活した「青の洞窟」を今年も開催。渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木までの約800mを、総数約60万球の青色のLEDイルミネーションが幻想的に彩る。並木道を奥から順に波打つ演出や、ランダムに光る演出などのロマンチックな光を楽しめる。

【8位】丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーション

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】17年目を迎える東京・丸の内エリアの街を彩る冬の風物詩。今年は「二重橋スクエア」の開業と同日に点灯を開始、約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りでは、200本を越える街路樹が上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られ、クリスマスシーズンにはクリスマスらしい華やかな街並みを演出する。さらに、有楽町エリア(国際ビル、新国際ビル前)では昨年度に引き続きアール・ヌーボー調のデザインをモチーフにした光のゲートが登場。その他、丸の内エリアではクリスマスツリーの点灯式やクリスマス装飾、関連イベントなどを開催する。

【9位】表参道原宿

表参道原宿

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】冬の表参道からワクワクを届けたいという思いのもと、今年もイルミネーションを開催。表参道約1.1kmのケヤキ約150本がシャンパンゴールドの優しい光で彩られる。また、植栽帯の低木にもイルミネーションを点灯し、幻想的な光の空間を作り上げる。時間帯によっては光のゆらぎが見え、街はロマンチックなクリスマスムードに染められる。

【10位】丸ビル、新丸ビル、二重橋スクエア、他

丸ビル、新丸ビル、二重橋スクエア、他

【2019年最新版の情報が届き次第更新します。】「北欧のクリスマス」をテーマに展開する丸の内エリアのクリスマスキャンペーン。メイン会場となる丸ビル1階マルキューブでは、2018年にデビュー46周年目を迎えたアーティスト、松任谷由実の楽曲とコラボレーションしたクリスマスツリーがお目見え。11月8日(木)に開催予定のクリスマスツリー点灯式には松任谷由実が登場する。その他、丸の内エリアの各拠点では、マルキューブのツリーと連動した北欧を感じさせる装飾やクリスマスマーケットなど、さまざまなイベントを実施する。

おすすめ情報