【2021年】東京の人気イルミネーションランキング!都会の夜がロマンチックに輝くイルミの世界へ

東京都

目次

  1. 第1位:六本木ヒルズ / Roppongi Hills Christmas 2021 けやき坂 イルミネーション(ロッポンギ・ヒルズ・クリスマス)
  2. 第2位:東京ミッドタウン / MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン・ウィンター・ライツ)
  3. 第3位:大井競馬場 / 東京メガイルミ
  4. 第4位:丸の内仲通り、東京駅周辺、大手町仲通り、他 / 丸の内イルミネーション2021
  5. 第5位:丸ビル、TOKYO TORCH Park、他 / Marunouchi Bright Christmas 2021 (マルノウチ・ブライト・クリスマス2021) 「ハリー・ポッター」魔法ワールドからの贈り物
  6. 第6位:よみうりランド / ジュエルミネーション 希望の輝き!~多様な光のシンフォニー~
  7. 第7位:JPタワー「KITTE」 / WHITE KITTE
  8. 第8位:デックス東京ビーチ / お台場イルミネーション“YAKEI”
  9. 第9位:竹ノ塚駅周辺 / 光の祭典2021
  10. 第10位:東京ミッドタウン日比谷 / HIBIYA Magic Time Illumination 2021 (ヒビヤ・マジック・タイム・イルミネーション 2021)
  11. 第11位:赤坂サカス / 赤坂サカス 音×テラス 2021-2022
  12. 第12位:東急プラザ表参道原宿 / OMOHARA Christmas illumination(オモハラ・クリスマス・イルミネーション)
  13. 第13位:東京スカイツリータウン / 東京スカイツリータウン(R)マジカルクリスマス 2021
  14. 第14位:恵比寿ガーデンプレイス / Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-
  15. 第15位:帝国ホテル 東京 / 2021年 帝国ホテル 東京 クリスマスイルミネーション
  16. 第16位:マクセル アクアパーク品川 / NAKED STAR AQUARIUM(ネイキッドスター アクアリウム)
  17. 第17位:東京スクエアガーデン / ウィンターイルミネーション 2021
  18. 第18位:江戸桜通り、本町通り、中央通り沿い各施設 / 日本橋イルミネーション2021
  19. 第19位:池袋西口公園 / 池袋西口公園extremeイルミネーション
  20. 第20位: IZUMI GARDEN / IZUMI GARDEN イルミネーション

2021~2022年にかけて東京で開催される、イルミネーションの人気ランキングを発表!ファミリーや大切なパートナーと一緒に楽しんだり、仕事帰りに仲間と訪れたり。さまざまな演出が施されたイルミネーションや光の演出は感動必至!都会の夜に出現する幻想的なイルミの数々を、ぜひチェックしてみて。

※ランキングはウォーカープラス「イルミネーションガイド」より、2020年10月20日~2021年2月28日のアクセスランキングから抽出。
※情報は一部2020年のものです。2021年のものに順次更新していきますのでお待ちください。 また、新型コロナウイルス(COVID-19)などの関係により、今年のイルミネーション情報に変更が生じる場合がありますのでご注意ください。

第1位:六本木ヒルズ / Roppongi Hills Christmas 2021 けやき坂 イルミネーション(ロッポンギ・ヒルズ・クリスマス)

寒色系LEDの“SNOW&BLUE”で彩られたけやき坂通り ※昨年の様子
寒色系LEDの“SNOW&BLUE”で彩られたけやき坂通り ※昨年の様子画像提供:森ビル株式会社

400メートル続く六本木けやき坂通りが、都会的で洗練された白と青の “SNOW&BLUE” で包まれる「Roppongi Hills Christmas 2021」。けやき坂通りのイルミネーション点灯を皮切りに、六本木の街に冬の訪れを告げる。通りの中央に位置するブリッジの上は、東京タワーと一緒に撮影できる人気の撮影場所。ほかにも、坂の上下からイルミネーションの全体像が撮影できる「ツタヤトウキョウロッポンギ」付近や、けやき坂通りの「エスカーダ」前など、人気スポットがあるので、おでかけの際はチェックしてみよう。

住所:東京都港区六本木6-10-1 他 / 期間:2021年11月10日~12月25日(土)


第2位:東京ミッドタウン / MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン・ウィンター・ライツ)

初登場の高さ約3メートル、直径約4.5メートルの大きなスノードーム「SNOW LIGHT GLOBE」 ※画像はイメージ
初登場の高さ約3メートル、直径約4.5メートルの大きなスノードーム「SNOW LIGHT GLOBE」 ※画像はイメージ画像提供:東京ミッドタウン

プラザエリアからガーデンエリアまで、さまざまな灯りの演出で色鮮やかな世界を表現する、2021年の「MIDTOWN WINTER LIGHTS」。ゴールドの光が街の木々を彩るツリーイルミネーションが登場し、今年は新たにエモーショナルに波打つ17:00の点灯および23:00の消灯演出と、毎時00分に木々が共鳴し合っているかのような調光演出を楽しめる。上品でありながらも躍動感あるイルミネーションは、訪れた人の心を引き寄せ、華やかな世界へと誘う。

住所:東京都港区赤坂9-7-1 他 / 期間:2021年11月18日~12月25日(土)


第3位:大井競馬場 / 東京メガイルミ

【写真】「東京メガイルミ」など、東京で人気のイルミを一挙紹介!
【写真】「東京メガイルミ」など、東京で人気のイルミを一挙紹介!画像提供:(C)TOKYO MEGA ILLUMI

競馬のない日の大井競馬場を舞台に繰り広げられる、競馬場ならではのイルミネーション「東京メガイルミ」。2021年度は、噴水とレーザーが織りなす圧倒的なスケールの「メガイルミショー 〜噴水とオーロラのきらめき〜」や、クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.(ネイキッド)」とコラボした新スポット、日本の情緒あふれる新演出などが登場するほか、メガイルミならではの馬たちも毎日登場してくれる。

住所:東京都品川区勝島2-1-2 / 期間:2021年10月16日〜2022年4月10日(日)


第4位:丸の内仲通り、東京駅周辺、大手町仲通り、他 / 丸の内イルミネーション2021

使用するエネルギーは太陽光や風力などの自然エネルギーにより発電される
使用するエネルギーは太陽光や風力などの自然エネルギーにより発電される画像提供:丸の内イルミネーション実行委員会

20年目を迎える東京・丸の内エリアの街を彩る冬の風物詩「丸の内イルミネーション2021」。340本を超える街路樹が、上品に輝くシャンパンゴールド色のLED約120万球で彩られたエレガントな街並みは、パートナーと観賞するのにぴったり。2016年度に「日本夜景遺産」として認定されるきっかけとなった「NEWエコイルミネーション」も採用し、通りを明るく照らす。

住所:東京都千代田区丸の内1~3丁目、有楽町1丁目、大手町1丁目 / 期間:2021年11月11日~2022年2月20日(日)


第5位:丸ビル、TOKYO TORCH Park、他 / Marunouchi Bright Christmas 2021 (マルノウチ・ブライト・クリスマス2021) 「ハリー・ポッター」魔法ワールドからの贈り物

丸ビル1階マルキューブに登場する、高さ約9メートルのメインツリー「ホグワーツの魔法の樹」※画像はイメージ
丸ビル1階マルキューブに登場する、高さ約9メートルのメインツリー「ホグワーツの魔法の樹」※画像はイメージ画像提供:三菱地所プロパティマネジメント

丸の内エリアでは、2021年に映画公開20周年を迎える「ハリー・ポッター」魔法ワールドとコラボレーションし、「Marunouchi Bright Christmas 2021『ハリー・ポッター』魔法ワールドからの贈り物」を開催。丸の内エリア各所には、「ハリー・ポッター」や「ファンタスティック・ビースト」シリーズの物語の世界が表現される。まるで魔法にかかったようなクリスマス装飾が施され、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの魅力とともに、幻想的で心温まる、魔法のようなひとときを堪能できる。

住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 他 / 期間:2021年11月11日~12月25日(土)


第6位:よみうりランド / ジュエルミネーション 希望の輝き!~多様な光のシンフォニー~

650万球のイルミネーションが園内を彩る
650万球のイルミネーションが園内を彩る画像提供:(C)MOTOKO ISHII LIGHTING DESIGN

2010年にスタートした「よみうりランド ジュエルミネーション」は、ここでしか見ることができない宝石色のイルミネーションと東京の大夜景が一度に楽しめる、ほかに類をみないスポットとして好評を博してきた。2021年は、新色「フォーエバーグリーン・ジュエリーカラー」が登場。園内全体で多彩なジュエリーカラーが楽しめる。さらに、南国をイメージした噴水ショーも、幅60メートル、高さ15メートル、噴水192本と大迫力の新演出に。

住所:東京都稲城市矢野口4015-1 / 期間:2021年10月21日~2022年4月3日(日) ※2022年3月1日(火)~18日(金)の平日は日中の遊園地営業のみ


第7位:JPタワー「KITTE」 / WHITE KITTE

伝統的な和紙を用いて「圧倒的な白い世界」を創出(画像はイメージ)
伝統的な和紙を用いて「圧倒的な白い世界」を創出(画像はイメージ)画像提供:日本郵便株式会社

今年の「WHITE KITTE」は、施設コンセプト「にっぽんらしさと、あたらしさを。」のもと、伝統工芸・和紙を用いて、にっぽんのクリスマスを表現する。1階アトリウムでは、天井から降り注ぐ約1万2000枚の和紙でできた雪、ツリー、オブジェ、フォトスポットのすべてで「圧倒的な白い世界」を創出。さらに、1階アトリウムにある雪の結晶型オブジェの足元には、雪を踏みしめたような音を体験できるポイントを設置。雪景色の中を歩くような臨場感を、目だけではなく全身で体感できるようになっている。

住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 / 期間:2021年11月24日~12月25日(土)


第8位:デックス東京ビーチ / お台場イルミネーション“YAKEI”

東京湾の夜景とレインボーブリッジを背景に望む ※画像はイメージ
東京湾の夜景とレインボーブリッジを背景に望む ※画像はイメージ画像提供:デックス東京ビーチ

東京港区お台場のデックス東京ビーチで通年点灯しているイルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”」。高さ約20メートル、幅10メートルの台場メモリアルツリーが電飾で鮮やかに彩られる。シーサイドテラスのアートスポット「ODAIBA」から望む東京湾の夜景は、レインボーブリッジや東京タワーを一望に見渡せる都内随一のスポットとしても人気が高い。

住所:東京都港区台場1-6-1 / 期間:通年


第9位:竹ノ塚駅周辺 / 光の祭典2021

約1キロの竹の塚けやき大通りがイルミネーションで輝く
約1キロの竹の塚けやき大通りがイルミネーションで輝く画像提供:足立区観光交流協会

2021年度の「光の祭典」は、竹ノ塚駅周辺と竹の塚けやき大通り(約1キロ)でイルミネーションを実施し、元渕江公園のイルミネーションやイベントは中止する。また、今年も自宅で楽しめるデジタルイルミネーションを配信。スマートフォン内にイルミネーションオブジェが登場するARコンテンツやミニゲーム、足立区のPR動画などさまざまなコンテンツを盛り込んだWebページを公開する。

住所:東京都足立区竹の塚6丁目6番先~4丁目1番先 / 期間:2021年12月4日~2022年1月10日(月・祝)


第10位:東京ミッドタウン日比谷 / HIBIYA Magic Time Illumination 2021 (ヒビヤ・マジック・タイム・イルミネーション 2021)

日比谷仲通りの様子 イメージ
日比谷仲通りの様子 イメージ画像提供:東京ミッドタウンマネジメント株式会社

「HIBIYA Magic Time Illumination 2021」のコンセプトは、ディスタンスを取りながらも感じられる「魔法のような瞬間」。日比谷ステップ広場に設置される「HIBIYA WINTER SQUARE」は、ニューノーマル時代の新たなイルミネーションのかたちとして、周りの人を思いやる距離感を保ちながら観賞できるデザインとなっている。さらに今年のイルミネーションは、「Reduce(減らす)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(再生して使う)」を新たに実施するなど、サステナブルな取り組みも。

住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 / 期間:2021年11月18日~2022年2月14日(月)

この記事で紹介されたイルミネーション

情報は2021年12月11日 21:56時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイルミネーションのページはありません。