2021年イルミネーションの点灯式スケジュールをチェック【関東】

全国

冬の街をきらびやかに彩るイルミネーション。今年もクリスマスシーズンの到来を前に、各地でイルミネーションが点灯し始めている。そこで今回は点灯開始の日程とともに、各会場の見どころをご紹介!大切な人と一緒に、ロマンチックなひと時を過ごそう。

丸の内イルミネーション2021 /点灯開始:11月11日(木)〜

使用するエネルギーは太陽光や風力などの自然エネルギーにより発電される
使用するエネルギーは太陽光や風力などの自然エネルギーにより発電される画像提供:丸の内イルミネーション実行委員会

20年目を迎える東京・丸の内エリアの街を彩る冬の風物詩「丸の内イルミネーション」。今年は、約120万球ものLEDを、340本を超える街路樹に装飾。丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」の灯りが、ストリートの雰囲気をラグジュアリーに演出する。丸の内仲通り、東京駅周辺でもイルミネーションを開催するほか、丸の内エリアではクリスマスオブジェの点灯式やクリスマス装飾、関連イベントなども実施予定だ。


Marunouchi Bright Christmas 2021 (マルノウチ・ブライト・クリスマス2021) 「ハリー・ポッター」魔法ワールドからの贈り物 /点灯開始:11月11日(木)〜

丸ビル1階マルキューブに登場する、高さ約9メートルのメインツリー「ホグワーツの魔法の樹」※画像はイメージ
丸ビル1階マルキューブに登場する、高さ約9メートルのメインツリー「ホグワーツの魔法の樹」※画像はイメージ画像提供:三菱地所プロパティマネジメント

丸の内エリアでは、2021年に映画公開20周年を迎える「ハリー・ポッター」魔法ワールドとコラボレーションし、「Marunouchi Bright Christmas 2021『ハリー・ポッター』魔法ワールドからの贈り物」を開催。丸の内エリア各所には、「ハリー・ポッター」や「ファンタスティック・ビースト」シリーズの物語の世界が表現される。まるで魔法にかかったようなクリスマス装飾が施され、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの魅力とともに、幻想的で心温まる、魔法のようなひとときを堪能できる。


さがみ湖イルミリオン /点灯開始:11月13日(土)〜

関東最大級となる600万球のイルミネーションは圧巻
関東最大級となる600万球のイルミネーションは圧巻画像提供:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

都心から1時間足らずで行ける相模湖の森を、圧倒的な数とスケールのイルミネーションで彩る光の祭典。2021年度は、劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』とコラボレーションした新エリア「美少女戦士セーラームーン イルミネーション-Eternal-」が登場。一面に広がるカラフルなイルミネーションの中に、高さ約4メートルもの「エリュシオン」や巨大な「幻の銀水晶」などが光り輝き、作中の世界へと誘う。また、セーラー10戦士のカラーに合わせたレインボーリフトや、守護星マークをあしらったステンドグラスウォールなど、乙女心をくすぐる「イルミジェニックな」フォトスポットも満載。


イルミライ★INZAI /点灯開始:11月13日(土)〜

シャンパンゴールドの光がきらめく
シャンパンゴールドの光がきらめく画像提供:印西市企画財政部 シティプロモーション課

千葉県印西市では、2021年度で4年目となるイルミネーションイベント「イルミライ★INZAI」を開催。今年はエリアを新たに南口まで拡大し、北口を都市ゾーン、南口を自然ゾーン、駅前デッキを都市と自然の調和ゾーンとして、エリアごとに印西市の特色を表現したイルミネーションを実施する。改札を出てすぐの駅前デッキ上には、高さ約3メートルにもおよぶ印西市マスコットキャラクター「いんザイ君」のオブジェも登場。総電球数約50万球、沿線最大級のイルミネーションが印西の夜を明るく照らす。


MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン・ウインター・ライツ) /点灯開始:11月18日(木)〜

高さ約3メートル、直径約4.5メートルの大きなスノードーム「SNOW LIGHT GLOBE」 ※画像はイメージ
高さ約3メートル、直径約4.5メートルの大きなスノードーム「SNOW LIGHT GLOBE」 ※画像はイメージ画像提供:東京ミッドタウン

2021年は、プラザエリアからガーデンエリアまで、さまざまな灯りの演出で色鮮やかな世界を表現。ゴールドの光が街の木々を彩るツリーイルミネーションが登場し、今年は新たにエモーショナルに波打つ17:00の点灯および23:00の消灯演出と、毎時00分に木々が共鳴し合っているかのような調光演出を楽しめる。上品でありながらも、躍動感あるイルミネーションは必見だ。さらに、高さ約3メートル、直径約4.5メートルの大きなスノードーム「SNOW LIGHT GLOBE」も出現し、12月12日(日)までは、雪のようにふわふわと漂うしゃぼん玉によるスペシャル演出を実施する。


HIBIYA Magic Time Illumination 2021 (ヒビヤ・マジック・タイム・イルミネーション 2021) /点灯開始:11月18日(木)〜

日比谷仲通りの様子 イメージ
日比谷仲通りの様子 イメージ画像提供:東京ミッドタウンマネジメント株式会社

「HIBIYA Magic Time Illumination 2021」のコンセプトは、ディスタンスを取りながらも感じられる「魔法のような瞬間」。日比谷ステップ広場に設置される「HIBIYA WINTER SQUARE」は、ニューノーマル時代の新たなイルミネーションのかたちとして、周りの人を思いやる距離感を保ちながら鑑賞できるデザインとなっている。また今年のテーマである「TOMORROW~新たな幕がひらく~」は、『素敵な明日が1日の終わりに輝きはじめますように』と明日への期待感を込め、ツリーのライトアップをグラデーションで表現。幻想的な空間を楽しむことができる。


第10回光がつくる“Art”水郷桜イルミネーション /点灯開始:12月1日(水)~

風車の羽が回転しながら点灯する風車イルミネーション
風車の羽が回転しながら点灯する風車イルミネーション画像提供:土浦市産業文化事業団

高さ25メートル、羽直径20メートルのオランダ型風車のイルミネーションを中心に、市の花「桜」「土浦の花火」「霞ヶ浦」など、土浦を代表する風景をモチーフにしたご当地イルミネーションが会場を幻想的に彩る。風車イルミネーションは、規模、内容ともに日本最大級。回転しながら点灯するイルミネーションは全国的にも珍しく、冬の夜空を巨大な光る羽根が回転する幻想的なさまを楽しむことができる。


スターライトイルミネーション /点灯開始:12月4日(土)~

「光と森のStory最終章」として特別な夜の公園を楽しめる
「光と森のStory最終章」として特別な夜の公園を楽しめる画像提供:国営武蔵丘陵森林公園(撮影 円地敏明)

森林公園のイルミネーション3部作の最終章。約55万球のライトアップとイルミネーションが、中央口エリアの樹木や花壇にきらめく。各スポットで写真映え、動画映えする場所を見つけながら散策を楽しむことができ、中でも中央口広場、カエデ園、植物園つららイルミネーションは見ごたえ抜群。訪れた際には外せないスポットだ。


光の祭典2021 /点灯開始:12月4日(土)~

約1キロの竹の塚けやき大通りがイルミネーションで輝く(画像は昨年開催の様子)
約1キロの竹の塚けやき大通りがイルミネーションで輝く(画像は昨年開催の様子)画像提供:足立区観光交流協会

2021年度は規模を縮小して開催。竹ノ塚駅周辺と竹の塚けやき大通り(約1キロ)でイルミネーションを実施し、元渕江公園のイルミネーションやイベントは中止する。また、今年も自宅で楽しめるデジタルイルミネーションを配信し、スマートフォン内にイルミネーションオブジェが登場するARコンテンツやミニゲーム、足立区のPR動画などさまざまなコンテンツを盛り込んだWebページを公開する。※点灯期間中に緊急事態宣言が発出された際は、イルミネーションを中止する場合あり


Roppongi Hills Christmas けやき坂 イルミネーション(ロッポンギ・ヒルズ・クリスマス) /開催中

寒色系LEDの“SNOW&BLUE”で彩られたけやき坂通り ※2020年の様子
寒色系LEDの“SNOW&BLUE”で彩られたけやき坂通り ※2020年の様子画像提供:森ビル株式会社

六本木ヒルズでは、六本木けやき坂通りのイルミネーション点灯を皮切りに、クリスマスイベント「Roppongi Hills Christmas 2021」を開催。約70万灯の都会的で洗練された“SNOW&BLUE”が、今年も冬の訪れを告げる風物詩としてけやき並木を彩る。通りの中央に位置するブリッジの上は、東京タワーと一緒に撮影できる人気の撮影スポット。ほかにも、けやき坂通りの「エスカーダ」前や「ツタヤトウキョウロッポンギ」付近からも美しいイルミネーションを撮影できる。


東京メガイルミ /開催中

【写真】光と水の柱が立ち昇る「噴水ショー」は圧巻
【写真】光と水の柱が立ち昇る「噴水ショー」は圧巻(C)TOKYO MEGA ILLUMI

大井競馬場で繰り広げられる壮大なイルミネーション。2021年は光と水の柱が立ち昇る「噴水ショー」と、都心の空にきらめく「オーロラ」がグレードアップ! 期間中は、リボンや帽子でおめかししたミニチュアホースにポニー、体重約1トンのクライズデール、競走馬を誘導する毛色の美しい誘導馬など、愛らしい馬たちが場内に出現。写真撮影も可能だ。また、メガイルミオリジナルの光るグッズも新登場する。


あしかがフラワーパーク「光の花の庭」 /開催中

「奇蹟の大藤」は花びらの細部にまでこだわったイルミネーション
「奇蹟の大藤」は花びらの細部にまでこだわったイルミネーション画像提供:あしかがフラワーパーク

2017年に日本三大イルミネーションに認定された、東日本最大級500万球のイルミネーションは圧巻!光の花の庭のコンセプトに相応しい5000本の「光のバラ」や4色の藤をイメージした「光の藤」、水辺に輝く2000輪の「光の睡蓮」など見どころも盛りだくさん。 中でも、神秘的な大藤棚をイルミで再現した「奇蹟の大藤」は花びらの細部まで表現されており、まるで本物の藤棚のような仕上がりに。そのほか、サンタクロースが空飛ぶ姿を再現した「スノーワールド」、水面に映る光もまぶしい「光のピラミッド」、高さ25メートルの「イルミネーションタワー」など、見ごたえたっぷりの内容となっている。


ウインターイルミネーション 2021-2022「おかしな!?お菓子なイルミネーション~make your smile~」 /開催中

300万球のライトアップでまばゆい光の世界が園内を彩る
300万球のライトアップでまばゆい光の世界が園内を彩る画像提供:東京ドイツ村

2021年で16年目を迎えた東京ドイツ村のウインターイルミネーション。2021年度のテーマは「お菓子」。巨大なお菓子のアーチをくぐれば、夢のようなお菓子の国の探検がスタートする。見晴台から見える「光の地上絵」では、アイスクリームやキャンディなどでかわいい「お菓子の国」を表現。ほかにも、圧倒的な存在感を示す大きな海賊船や、イルミネーション点灯後15分おきに流れる「光と音のショー」など、楽しい展示が満載だ。


※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介されたイルミネーション

情報は2021年11月12日 10:42時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイルミネーションのページはありません。