約15万球のLEDで「倉敷らしさ」を表現!岡山県倉敷市でイルミイベント開催中

岡山県倉敷市の倉敷みらい公園他で、2019年2月14日(木)までイルミイベント「くらしき きらめきのみち」が開催されている。

辺り一面イルミネーションで彩られる

5年目を迎える今年は、倉敷みらい公園からJR倉敷駅南デッキまで範囲を拡大。「倉敷らしさ」をテーマに、約15万球のLEDで飾り付ける。公園内はエリアごとに異なる空間演出が施され、市花の藤をイメージした「藤棚エリア」、国産ジーンズの聖地「倉敷市児島」のジーンズをイメージした「ジーンズカラーエリア」のほか、「光の並木エリア」が広がる。

また、駅南デッキでは、倉敷美観地区に今も残る「白壁」をイメージした演出、駅北デッキでは「からくり時計」に合わせたライティングショーを実施。期間中は、無料体験型イベント「竹あかり&三角灯篭ワークショップ」の他、ライブステージイベントも開催予定だ。

【写真を見る】今年からエリアをさらに拡大。倉敷市がきらびやかに

担当者は「冬だけの特別な『きらめき』が、あなたに素敵なひとときをお届けします。ぜひ、皆さまでお越しください」と来場を呼びかける。

倉敷市の名物や見どころが光鮮やかに楽しめる「くらしき きらめきのみち」を見に行こう。

詳細情報

情報は2018年12月09日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

岡山県のイルミネーションスポットを探す

おすすめ情報