遊園地&テーマパークを彩る華やかなイルミネーション3選

普段見慣れた公園やテーマパークが、華やかなイルミネーションで彩られるこの季節。音楽と融合するイルミや、メルヘンチックな世界を描くイルミ、植物園がきらびやかに輝くイルミなど、昼の姿とは印象を変えるイルミを楽しめる3スポットを紹介しよう。

東武動物公園「ウインターイルミネーション2018-2019」

関東最大級のLEDビジョンを設置し、音楽に合わせてイルミの光が動き出す「ライブイルミネーション」は盛り上がること必至。その他、新演出「オーロライルミネーション」や、12月から実施予定のプロジェクションマッピングなども楽しみだ。

昨季のLEDビジョン。今季は女性シンガーのAIとコラボし、ライブ映像を上映

<イルミDATA>点灯期間:10月27日(土)~2019年2月11日(祝) ※除外日あり/ 電球数:約300万球

東京ドイツ村「東京ドイツ村ウインターイルミネーション2018-2019」

ドイツ風建物のイルミ。2019年1月3日(木)からは中国の伝統的なランタンを展示するフェスティバルも初開催

今季は「願い」がキーワード。不思議な力をもつ不死鳥や魔女などをイメージしたスポットを巡るイルミネーションを展開する。恒例の「光と音のショー」「虹のトンネル」に加え、前回好評だった電動カートのイルミ回遊も登場。

<イルミDATA>点灯期間:11月1日(木)~2019年4月7日(日) / 電球数:約250万球

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク「妖精たちの楽園」

園内中央のメインエリア。イルミネーション期間中はプロジェクションマッピング上映を予定している

100万球のLEDが植物園を彩るイルミネーションは、日本夜景遺産にも認定された圧巻の美しさ。園内のパークタワーからは、関東平野の夜景と共に一望できる。ポインセチアが華やぐ温室のクリスマスガーデンにも注目だ。

<イルミDATA>点灯期間:11月3日(祝)~2019年1月14日(祝) / 電球数:約100万球

埼玉・千葉・群馬にあるこれらのイルミスポット、地元の人はもちろんのこと、機会があれば他県からでも足を運んでみてはいかがだろうか。

詳細情報

■東武動物公園
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
時間:17:00~20:00、12月23日(祝)~25日(火)は~21:00(最終入園各60分前)
休日:2019年1年1日(祝)・2日(水)を除く1月の(火)(水)、2月の(火)(水)(木) ※10・11月と2019年1月7日(月)以降は(土)(日)(祝)のみ開催(11月14日(水)は開催)
料金:イルミネーション入園料 大人1200円
駐車場:3000台(1000円/1日)
アクセス:東武鉄道東武動物公園駅西口より徒歩10分

■東京ドイツ村
住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
時間:日没~20:00(最終入園19:30)
休日:なし 
料金:4歳以上500円、車の場合1台2500円(駐車場代と最大乗車人数までの入園料含む)
駐車場:3000台(入園料に含む)
アクセス:館山自動車道姉崎袖ケ浦ICから車で約5分

■ぐんまフラワーパーク
住所:群馬県前橋市柏倉町2471-7
時間:日没~21:00、12月31日(月)は~20:00(最終入園各30分前)
休日:なし 
料金:大人600円
駐車場:521台(無料)
アクセス:上毛電鉄大胡駅からタクシーで約15分。関越自動車道赤城IC、北関東自動車道伊勢崎ICより車で約30分

情報は2018年11月06日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報