ポケモンと関東最大級のイルミネーションが初コラボ!お宝フォトスポット満載の新エリア登場

神奈川県

神奈川県相模原市の「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」では、2020年11月14日(土)から2021年4月4日(日)まで、毎年恒例のイルミネーションイベント「さがみ湖イルミリオン」が開催される。12回目となる今年は、大人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の世界観を再現した新エリア「ポケモンイルミネーション」が登場。お披露目に向けて期待が高まっている。

「ポケモンイルミネーション」は今年が初登場
「ポケモンイルミネーション」は今年が初登場


さがみ湖イルミリオンは、約600万球もの電球で施設全体が彩られる、関東最大級のイルミネーションイベント。自然の高低差を活かしたダイナミックなイルミネーションを楽しむことができ、2018年からは3年連続で「関東三大イルミネーション」にも選ばれている。

今回登場する「ポケモンイルミネーション」では、さがみ湖リゾートの森や草原、池といったバラエティ豊かな山頂エリアの中で、たくさんの野生のポケモンが生息する世界を再現。光の森の中で暮らすピカチュウや、焚火で暖をとりながら眠るヒトカゲ、カレーを囲んでキャンプを楽しむポケモンたちなど、お宝フォトスポットが盛りだくさんだ。

【写真】ピカチュウやヒトカゲ、ゼニガメなど人気ポケモンが点在するエリアマップ
【写真】ピカチュウやヒトカゲ、ゼニガメなど人気ポケモンが点在するエリアマップ


リゾート全体は10個のエリアに分けられ、それぞれで多彩なイルミネーションが展開。「光の海」や「チューリップの小道」などは、歩くだけで幻想的な気分になれそうだ。

「光の海」は一面に広がる青が神秘的
「光の海」は一面に広がる青が神秘的

色とりどりのチューリップが輝く「チューリップの小道」。かわいらしい雰囲気が漂う
色とりどりのチューリップが輝く「チューリップの小道」。かわいらしい雰囲気が漂う


目玉となるのは、リゾートの高低差を活かした「虹のリフト」と、標高370メートルにそびえる「光のかんらんしゃ」。光り輝く広大なイルミネーションを空から眺めることができるのも、ここならではの魅力だ。

全長250メートルのリフトにのってイルミネーションの上空を空中散歩する「虹のリフト」。上りも下りも圧巻!
全長250メートルのリフトにのってイルミネーションの上空を空中散歩する「虹のリフト」。上りも下りも圧巻!

広さ4万平方メートルのイルミネーションエリアには、約600万球もの光が輝く
広さ4万平方メートルのイルミネーションエリアには、約600万球もの光が輝く

子供に人気の遊具もイルミネーションで彩られる
子供に人気の遊具もイルミネーションで彩られる


なお、さがみ湖イルミリオンは、経済産業省・内閣官房・コロナ専門家会議監修の「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿って運営。入園口では検温が実施されており、37.5度以上の発熱が確認できた場合は入場できない。また、入場前には手指のアルコール消毒、マスク着用が義務化されている。混雑時は各エリアの利用制限を設けるほか、園内全体の入場制限を設ける場合もあるという。

さらに、レストラン・売店といった施設では、扉を開放するなど十分な換気を実施。待ち列や座席、ベンチには案内サインを設置して、フォトスポットの分散、イベント時の整理券制なども行い、人が1カ所に密集しないように努めているそうだ。

一度足を運べば、その広大さに圧倒されるはず。さがみ湖リゾート プレジャーフォレストで、関東最大級のイルミネーションを楽しもう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

詳細情報

■さがみ湖イルミリオン 公式サイト
https://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/


ウォーカープラス公式Twitterアカウント


情報は2020年10月16日 18:06時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報